『東京いい店やれる店』 サブカルチャー史に残すべき名作

東京いい店やれる店

東京いい店やれる店

 

この名作を知らないあなたへ。

1994年に出版された名著。作者であるホイチョイプロダクションズは、テレビや映画のシナリオや、ビッグコミックスピリッツで長期間連載している「気まぐれコンセプト」などで有名な放送作家チーム。この本は、インターネットが始まる前、今まさに無くなりつつあるマスメディアから生まれたギョーカイ文化の集大成だ。本来、このようなウィットに富んだ粋な本を、こうしてマジメに紹介することは、本当に本当に野暮だと思うが、少しだけ思いの丈を書きたい。

ヤフージャパンが誕生した1995年をインターネットが生まれた年とするならば、その前年に出版された本書は、テレビに広告が集中した恐らく最後の時代に出版された。(驚くことにテレビ局と電通に内定をもらうことがステータスの時代だった!)マスメディアにお金が集中することの良し悪しはきっとたくさんあって、その功罪はここでは書かない。ただ一ついえるのは、この余ったお金によって多くの良質なサブカルチャーが生まれたという良い側面もあったということだ。

例えば、テレビ番組の深夜枠。まだゆとりがあるテレビには、才能あふれる人間だけ(ここが玉石混合のインターネットと違う)が集まり、視聴者が少ない深夜帯を使って、実験的な番組がたくさん生まれた。ここで生まれたスタイルは、「下世話なネタを、知的なエッセンスでパッケージする」という江戸時代の大衆文化に似た「粋」を重んじる雰囲気があったと思う。

放送作家の小山薫堂さんによる「カノッサの屈辱」という番組があった。「渋谷109のコギャルのような現在のトレンドを、有名な世界史になぞらえて解説する」というコンセプトの番組で、「カノッサの屈辱」という世界史受験生にしかわからないようなスノッブなネーミングからして、らしさがある。きっとバブルという世相もあったからか、当時は、すこし上から目線でシニカルな空気が共通したスタイルだったと思う。

ぼくは、そんなギョーカイ文化の集大成の一つが本書だと思っている。タイトルどおり「味はどうでもいい、女の子を落とせる雰囲気があるかどうか」の一点に絞ったコンセプトのもとダイニングを紹介するという内容。タイトルは身も蓋もなく、でも本の装丁はクラシカルにそれっぽく、サブタイトルは「TOKYO BEAUTY AND BEAST」。超えては行けない線を、「ちょっとだけ超える」まで遊ぶ感覚。最高に粋だし、当時を追体験する意味でも、この本を存じない世代の方には強くお勧めしたい。

なお、ぼくのお気に入りのフレーズは、「良い店とは、味ではない、女の子を落とせる雰囲気だ」というコンセプトに徹する本書のなかで、渋谷『小笹』を評した次の一文。

なお、本書にはまったく関係ないことであるが、この店は味も良い。

この感覚が最高に粋だ。

ちなみに、20年前の本なので(しかも本当に雰囲気しかない店も取り上げているため)、紹介されているお店の過半数は既にない。2012年には続編が発売されたが、悲しいかなデフレな世相を反映していささか実用的な方向に行き過ぎており、オリジナル版のような「粋」さは失われている。

 

新東京いい店やれる店

新東京いい店やれる店

 

 

 

お薦めの記事

pekey.hateblo.jp