読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなイラストレーター5選

最近気になっているイラストレーターをまとめました。和洋折衷です。

 

f:id:pekey:20160502214049j:plain

高橋将貴(Masaki Takahashi)

ポパイの表紙や挿絵でよく見かけるアーティストです。ポートレイトがイイ。なんだろう、どこか彫刻的なんですよね。いつかポートレートを描いて欲しい…。

 

f:id:pekey:20160502215028j:plain

カルロス・ストラウティネカス(Karolis Strautinekas)

アウディやニューヨークタイムズをクライアントを持つリトアニア在住!のアーティスト。クリエイティブ系のSNSが普及してから、本当にするっとグローバルな活躍に結びつきますよね。作風は水彩画を思わせるソフトタッチなイラストレーションです。

 

f:id:pekey:20160502211313j:plain

ステフ・モリス(Steph Morris)

写実的なスニーカーをテーマにしたアメリカ在住のアーティストです。フレッド・シーガルの展示で知りました。オリジナルは20万円程度ですが、コピーは1万円で販売中でした。

 

f:id:pekey:20160502210732j:plain

トーマス・ダンソニー(THOMAS DANTHONY)

ロンドン在住のイラストレーターです。洗練された都会的な作風、80~90年代を感じさせる人工的なタッチに雰囲気があります。Mediumサービス・イン時の挿絵を手掛けています。

 

f:id:pekey:20160502211030j:plain

東海林 巨樹(Naoki Shoji)

GQや&PREMIUMなど、ミドル向けシティ雑誌で、よく見かける写実風のポートレイトを手掛けています。ですが、プライベート・ワークは抽象的でありストリート感あるものが多め。本当は描きたいテーマ違うのかな…なんて。

 

出典

1、高橋将貴;Magazine illustration(POPEYE / マガジンハウス)

2、http://strautniekas.com/;Sky&Telescope magazine asked me to illustrate an article about the scientist who has an Asperger syndrome. Author: Paul Greenewich

3、Steph Morris;Nike Air More Uptempo

4、THOMAS DANTHONY;“Share” illustration, Illustrating for Medium

5、東海林 巨樹;GQ JAPAN(コンデナスト・ジャパン) March 2016 vol.155〜 portrait of Jiro Ishikawa AD:高村雄介