『レミーのおいしいレストラン』に出てくるイーゴーの名言

f:id:pekey:20170429163927j:plain

GW初日は『レミーのおいしいレストラン』を観ました。

レミーのおいしいレストラン』は、ネズミが料理をつくるという単純なストーリーですが、随所に社会を風刺するようなシーンがあります。

印象的なのが、悪役の1人でもある料理評論家イーゴーがクライマックスに言うセリフ。

これが刺さる…

 

評論家というのは気楽な稼業だ。

危険を冒すこともなく、料理人たちの努力の結晶に審判を下すだけでいい。辛口な評論は書くのも読むのも楽しいし、商売になる。

だが、評論家には苦々しい真実がつきまとう。

たとえ評論家にこき下ろされ三流品と呼ばれたとしても、料理自体のほうが評論より意味があるのだ。

 

物語のラストで、イーゴーは評論家を辞め、主人公たちが開業したビストロのオーナーになります。評論家からプレーヤーへ転向するというメッセージですね。

こんな風にPIXARの脚本はいつも複線系でクオリティが高いです。