『紙のプールで泳ぐ』

f:id:pekey:20170214225210j:plain

先週末は嬉しいことがありました。片岡義男の『紙のプールで泳ぐ』の単行本を古本屋で発見したのです!もちろん購入しました。1985年に790円で発売されたようですが、それから30年経過し、840円に値上がりしてました。

紙のプールで泳ぐ』は1980年代にポパイで連載していた片岡義男のコラムを書籍化したもの、だそうです。私はこのアメリカに憧れていた時代の雑誌や書籍が好きで、あるとき文庫本で購入したのですが、まあこれが良くて。

30本のエッセイが収録されていますが、一番好きなのは、やはり表題「紙のプールで泳ぐ」ですね。

「紙のプール」とはデイヴィット・ホックニーの『Paper Pools』という画集のことです。80年代はプールをテーマにした絵画や写真が多く、なんでだろう都市の象徴だからでしょうか、日本のイラストレーションでも「海とプール」が題材の絵をよく見ます。

ホックニーの「Paper Pools」はそんなテーマを踏襲したのか、それとも皮肉ったのか、背景はわかりませんが、ビジュアルとしてインパクトがあって素敵なことは確かです。ホックニーは今も存命で新しい作品を公開しています。が、やはり「紙のプール」が一番好きかな。

さて、この『紙のプールで泳ぐ』の単行本は、絵や写真集を紹介しているのに、ビジュアルがいっさいないので、まったく雰囲気が伝わりません。楽しむだけであれば文庫の方が良いですね。悲しいかな中古はAmazonで1円にて発売中です。

ホックニーの『Paper Pools』はさすがに高くハードカバーは3万円ぐらいします。