読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『職業としての小説家』を読めば村上春樹がノーベル賞候補になった理由がよくわかる

職業としての小説家 (新潮文庫)

職業としての小説家 (新潮文庫)

 

 少し前になりますが、村上春樹が雑誌『MONKEY』で自身の小説家としてのキャリアを振り返ったコラムを書いていました。 いままで余り触れてこなかった仕事論をテーマにしているため、結構面白くて楽しみにしていました。

このコラムに描き下ろしを追加したものが『職業としての小説家』なのですが、これはホントに名作で、特に海外展開のくだりなんかビジネスマンに一読をおすすめします。

ここ数年、ノーベル文学賞の候補に村上春樹の名前があがることが多くなりました。現在の日本人作家で世界で読まれているのは村上春樹ぐらいだと思いますが、本書を読むと、村上作品がなぜ普及したか、よくわかります。Murakamiで通じますもんね。

村上春樹の海外翻訳は、講談社のアメリカ法人から始まったそうです。普通はそうして委託するだけで終わりなのでしょうが、おそらく業績が芳しくなかったのでしょうか、村上本人が渡米して、現地の出版エージェントを探し、翻訳家を含めた村上チームでアメリカでの販売展開を行ったそうで、今も同じチームで運営されているとか。

この「本人が渡米してプロジェクトの立ち上げに関わっている」ことがなにより成功の秘訣に感じます。

もちろん作品のクオリティが一番大事。でも、それだけではダメで、マーケティングが大切。そして、海外展開のように誰もノウハウがない、いわば新規事業は提案者自らがオーナーシップをもって、自分でプロジェクトを回していくことが成功のキモ。

商売の普遍的な真理だと思いますが、一見関係なさそうに見える文学の世界であっても同じことなんだなあと気づかされます。もしかしたら本人は意図せずにアメリカに住みたかっただけだったり、純粋な好奇心だけで動いているのかも知れません。いや出身が商売人だからもしかしたら意図してやっているのかな。

いずれにせよ村上作品は、品質とマーケティングがうまく絡まった、世界に通用するコンテンツ・プロダクトであることは間違いありません。24日に発売される『騎士団長殺し』もホントに楽しみです。

『Designed by Apple in California』を買いました

f:id:pekey:20170131215455p:plain

過去20年のApple作品をまとめた写真集『Designed by Apple in Califolnia』が発売されています。Appleストア銀座店とオンラインストア限定。問題はそのお値段で、大判はなんと3万円です。

流石に高いので眺めるだけに…と思っていたのですが、ページをめくるうちに、この20年の記憶がよみがえって、もしや後世に残る記念碑的なプロダクトでは…と感じて買ってしまいました。

この20年間はAppleの黄金期だった、未来から振返ればきっとそう思われるでしょう。20年前、マイクロソフトのWindowsにどんどん市場を奪われていたAppleは、本当に見るも無惨な弱小メーカーで、一部の物好きなファンしか残っていませんでした。

そこに創業者のジョブスが復帰し、「Think Different」キャンペーンやiMacによってブランドを再構築し、iPodやiPhoneによってモバイル端末を「再発明」し…という復活劇は様々な場面で語り継がれるサクセス・ストーリーになっています。

これを客観的に示す指標が株価です。

f:id:pekey:20161127224934j:plain

1995年頃の株価は1ドルですが、2015年のピークは132ドル。この20年でAppleは100倍を上回る富を生み出しました。20年前にAppleを信じて100万円を投じたファンは、いま1億円の資産で報われているはずです。

さて、アメリカに製造業を取り戻すというトランプが大統領になり、Appleも今後その影響を受けることになるでしょう。

カリフォルニア州クパチーノでデザインされているApple製品ですが、製造はアジアです。今回の大統領選を受けて、iPhone製造をアメリカ国内に移転することを検討しているという報道も。

そう考えると、「Designed by Apple in California」というタイトルも実に同時代的で、結果的にやや皮肉っぽく、やっぱり20年後に振り返ったら歴史的な写真集かも知れません。

 

『最新ボディビル入門』 窪田登

f:id:pekey:20160731231732j:plain

コンプレックスを解消したときの精神的な充実感はヤバい、そう気が付いたのは10年ほど前でしょうか。自分なりの理想や目標に近づくことは、結果ではなくプロセスを含めて、メンタルにポジティブな効果があります。

そんなわけで、社会人になってからもコンプレックスの解消に時間やお金を投じてきました。内容はさまざまで、例えば、気になっていた歯並びを直したり、社会人向けの短期留学で英語を話せるようにしたり、といった具合です。そんなコンプレックスの一つがカラダが細いことでした。

これを解消するため、腕立て伏せからダンベルまで色々やってみたんですが、目に見える効果が得られず。なかなか筋肉がつきにくいんですよね。

色々考えました。結果、ボディビルぐらいのプロ仕様トレーニングをすれば、さすがに普通ぐらいになるのでは、という結論に到達。

その際に購入した本書は以来10年以上愛読しているまさに筋トレのバイブルです。

筋トレ系のメソッドは毎回新しい手法が出てくるのですが、根が理論肌なので、どうしても雑誌に掲載されているナンパな方法を信じれない。

その点、本書は『最新』とあるものの初版1982年。まったく新しくなく、文体も教科書のようで、筋トレ界の保守本流という趣きがあって素敵です。

なおボディビル入門の効果は大きく「学生時代はラグビーやってました」ぐらいのバディになりました。

ちなみに、ジムのトレーナーに聞くところでは、オトナになってからジムに通うようになる人は文化系だったりスポーツをしていない人が多いとのことです。

 

最新ボディビル入門 (スポーツ新書)

最新ボディビル入門 (スポーツ新書)

 

驚異の還元率を見せるヤマダ電機の株主優待

f:id:pekey:20160716002215j:plain

クレイジーな利回りで人気のヤマダ電機の株主優待が今年も届きました。3月決算の優待は6月に届きますが、その中でもこの優待が一番楽しみです。

ヤマダ電機の株主優待は少しおかしくて、100株持っているだけで年3,000円の金券が貰えます。いまの株価は544円。単元100株を買うと54,400円ですから、利回りは5.3%です。

もちろん、これ以外に通常の配当金が1株あたり16円つきます。つまり年4,600円のリターン。利回り8.2%です。

そして、なんと、このヤマダ株を売らずに長期保有すると、貰える金券が増えます。1年以上保有すると3,000円が5,000円に。2年以上保有すると5,000円が5,500円にアップ。最終的に年7,100円で、利回り12.7%です。住宅ローン金利すら1%を切っている時代です。まったく意味がわかりません。

もちろん、この「異次元還元」にはヤマダ電機にとって、合理的な理由があります。ヤマダ電機は、2015年に元村上ファンド出身者によるエフィッシモ・キャピタル・マネージメントの買収工作を受けており、この対抗手段として安定株主を増やす必要があったのです。

しかも、ヤマダ電機の代表者は創業者・山田昇社長ですし、競争の激しい家電業界を勝ち抜いてきた経営陣は振り切れた決断をすることが得意です。よって配当政策という面でも、他社では決して真似できない還元策をスパっと決断できたのだと思います。普通の会社ではまず決めれないでしょうよ、この還元率は…。

さて、ここで大いに予想されることは、騒動が落ち着いたら株主優待なんてスパっと辞めるのでは、ということです。まして、ヤマダ電機のIRページを見るに、本来は株主への興味なんてさらさら無さそうですからね。

少しでも長い間この優待が維持されますよう祈念しながらこの記事を書きました。

イギリスのEU離脱をみて社会の「格差」に思うこと

f:id:pekey:20160703213538j:plain

イギリスがEU離脱という選択しました。この原因の一つに「格差」があると多くの知識人が指摘しています。

「格差」の中身はまちまちで、エリート対ブルーカラー、EU加盟による恩恵を受けているか否かという利害の違い、グローバルか反グローバルかというイデオロギーだったり、シンプルに貧富の差を指摘する人もいます。

今週は色んなメディアでこの「格差」に対する議論を読みましたが、ここ数年漠然と感じていたことと繋がってきて、すっと腹に落ちた気がしました。

それは「格差」の本質は、インターネットなどのICT技術が発展したことで、人間の性能差がどんどん大きくなっていることではないか、というものです。

江戸時代を想像すると、優秀な人間もそうでない人間も、生産性はそう大きく変わらなかったでしょう。重い荷物を持つことも、早く走れるかどうかも、比率でみれば個体差はそう大きく無さそうです。

しかし、知的生産の分野は個体差が大きく出ます。プログラマやデザイナーなどクリエイティブの職業は効率性もさることながら、より上流にある発想や着想などで差がつきます。個体差が江戸時代とは比べ物になりません。

ましてや、組織化に頼らず1人でも価値を出せる=稼げる環境も整ってきています。ブログやYouTubeなどのメディアはもちろん、ネット証券が爆発的に普及し手数料コストが激減したことで、金融セクターでも個人投資家が増えました。3Dプリンターや人工知能発展によって、製造業などの分野でも、より上流の知的生産の重要性が高まるでしょう。

多くの価値を生み出した人間が富を得る。この壮大な成果主義が資本主義のルールですが、これに従えば、人間の性能差が開くほど、富も偏在することになります。

食べるものがなく、病気で死ぬ人も多い、高度成長が必要な時代はこの成果主義がうまく機能していたのでしょう。なぜならば、富が偏在したとしても、社会全体が成長することで、例えば食べ物に困らなくなったり、移動が楽になったりして、万人がイノベーションの果実を享受できたからです。

しかし、いまは社会の生産性が高まり、生きるだけのコストは極めて低い。優秀な人間が行う生産の中心は、娯楽や快適さ、もしくはお金を循環させるだけの金融サービスなどにあって、恩恵を感じない人が増えている。これが格差の根本だと感じます。

そもそも、そのアウトプットに価値があるのか。社会に必要なのか。であれば成長しなくていいのでは?という根本的な疑問が人々の根底にある気がします。ポートランドやノマドなどのブームが象徴的なような。

いま先進国を取り巻く低成長が循環的なものなのか、それとも私たちは「歴史の終わり」に近づいているのか、どちらかわかりませんが、いずれにせよ昨今の国際経済はホントにエキサイティングで見ていて飽きません。

私たちはいま資本主義の最先端にいるのかも知れませんね。