『生涯投資家』コーポレートガバナンスは権力闘争そのもの

生涯投資家 (文春e-book)

村上世彰『生涯投資家』読了。

本書、金融だけでなく特に事業会社で働く人は、とくに出世コースに乗っているエリートは、必読です。ハゲタカと呼ばれる投資銀行家たちの大義名分を知ることができます。

村上ファンドは、日本では珍しい本格的なアクティビストとして東京スタイル、阪神電気鉄道、それにニッポン放送(フジテレビ)などの買収合戦で一世を風靡しました。アクティビストとは、現行の経営陣と対立することを辞さず企業経営に介入する投資家を指します。

本書は、村上のアクティビストとしての活動は、コーポレートガバナンスを普及させるという大義の元に行っていたという主張を軸に、世論を騒がせたニッポン放送(フジテレビ)の買収騒動などについて、当時の経緯を赤裸々に(実名付きで)振り返っています。

本書のエピソードはなかなか自己肯定感が強く、眉つば感も多々あります。ただ、コーポレートガバナンスについては至極その通りで100%賛成しました。

村上の主張を端的にまとめると以下のとおりになります。

経営者はヒト・モノ・カネを差配できる権力を持つが、日本では長らく、経営者は事実上監視する人がおらず、やりたい放題だった。その結果、経営者は、企業の成長をもたらす投資を行うよりも株式の持ち合いを進めるなど、自身の地位を保つことに執着している。これが日本経済が停滞した原因だ。

日本的な経営スタイルには、終身雇用などの本書で触れられていない論点がいくつもあり、また日本がアメリカより貧富の差が少ない点を考えれば、日本スタイルに一定の価値観はあるでしょう。

しかし、東芝を例に引くまでもなく、日本の経営者の力量の無さは事実であり、これが結果的に、日本経済の停滞につながっていることは疑う余地がありません。

本書でも述べられているとおり、昨今は政府もコーポレートガバナンスの推進に舵をきっており、特に安倍政権がスタートして以来、日本の企業統治は年々改善されていると思います。

しかし、このコーポレートガバナンス改革が続くかといえば、そう思えない。なぜならば、コーポレートガバナンスの議論は、富をめぐる権力闘争そのものだからです。

企業活動による価値(富)は、株主、経営者、従業員、この3者で分け合います。株主に手厚く配分する考え方が、今説かれているコーポレートガバナンスであり、経営者側から、または従業員側から見れば、また違うロジックと主張がありますし、それは時代によって変わっていくのだと思います。

『家康の遠き道』 権力闘争は昔も今も変わらずに

家康の遠き道

岩井三四二『家康の遠き道』を読みました。

長期間にわたり権力を維持することは、あれだけ盤石な安部政権が揺らいでいる昨今、いかに難しいか実感をもってよくわかります。

そう考えると約300年続いた江戸幕府は歴史上稀な偉業でしょう。本書は、この礎になったのが開祖である徳川家康にあるとして、この晩年をノンフィクションタッチで記した作品になっています。

具体的には、関ケ原の戦いに勝利して江戸幕府を開いた家康が、いまだ国内には豊臣家をはじめとする敵対勢力がいる中、じわりじわりと彼らを滅ぼし、権力を掌握していく過程を描いています。

映画や漫画では一つの戦いで権力が一変しますが、現実には変化は一瞬では起こりません。なので家康がポスト関ケ原にさまざまな人事や施策を打ちながら権力を固めていく過程はリアリティがありました。

その様は、まるで現在の政界や企業内の権力闘争とまったく変わらなく、とりわけ政治経済小説のよう。ですので本書に戦争ドンパチのワクワク感は期待できません。

最後に、本書はカバーがすごく良いですね。イラストレーションは井筒啓之さんで味がありますし、朱色のデザインも格好良い。

BRUTUSの『居住空間学』特集が9年目へ

f:id:pekey:20170503205914j:plain

BRUTUSの最新号『居住空間学 2017』を買いました。

年1回のインテリア特集ですが、今回で9回目となり気がつけば息の長い特集に。雑誌はたくさん買うので読んだら基本捨てますが、この特集は面白いので保存しています。

f:id:pekey:20170503205331j:plain

スタートは2008年。

カバーはスタイリストの熊谷隆史さんのご自宅でした。

f:id:pekey:20170503205513j:plain

こちら最新の2017年版。

f:id:pekey:20170503205715j:plain

9年経ってもコンセプトがぶれず、スタイルも変わってません。

強いていえば、9年前と比較して記事広告が増え、出版社の経営環境の厳しさがひしひしと伝わってくる次第です。

『レミーのおいしいレストラン』に出てくるイーゴーの名言

f:id:pekey:20170429163927j:plain

GW初日は『レミーのおいしいレストラン』を観ました。大人が見ても良い映画です。

この『レミーのおいしいレストラン』もネズミが料理をつくるという単純なプロットなのですが、随所に社会を風刺するような場面があります。

とりわけ印象的なのが、クライマックスに悪役の1人でもある料理評論家イーゴーが言うセリフで、これは世のビジネスマンのハートにグサリと刺さります。

評論家というのは気楽な稼業だ。

危険を冒すこともなく、料理人たちの努力の結晶に審判を下すだけでいい。辛口な評論は書くのも読むのも楽しいし、商売になる。

だが、評論家には苦々しい真実がつきまとう。

たとえ評論家にこき下ろされ三流品と呼ばれたとしても、料理自体のほうが評論より意味があるのだ。

物語のラストで、イーゴーは評論家を辞め、主人公たちが開店したビストロの出資者になります。評論家からリスクを取るプレーヤーに転向するというメッセージでしょうね。思わずハッとしました。

 

クオリティ家電ブームが継続中

f:id:pekey:20170305234952j:plain

2月に発売された無印良品「豆から挽けるコーヒーメーカー」が人気だそうです。ウェブストアでは予約すらできず、実店舗で予約できても入荷は5月だとか。

税込32,000円と決して安くないですが、コーヒー豆を挽くのが面倒になってきた今日この頃としては実にタイムリーで、これは買ってしまいます。

このような単機能、高品質の白物家電が売れ始めてから、もうしばらく経ちます。ダイソンの掃除機、バルミューダの扇風機やトースター、パナソニックの美容家電。ルンバは…またちょっと違うか。

家電量販店も利幅が大きい白物家電を頑張っているみたいですから、クオリティの高い家電の人気はブームじゃなくて、しっかりとした需要に支えられたトレンドなんだと感じました。

価値観を大切に、快適な時間を過ごすことを大切に、ライフスタイルを大切に。こんなトレンドがインナー消費に向かわせるのかな。